そろそろ定植の準備をする時期が到来した、つまり秋

そろそろ定植の準備をする時期が到来した、つまり秋
夏の終わり・・・
夏の終わり・・・

 

夏の終わりと聞くと寂しい気持ちになってしまうのは世界人類共通の感情なのか、それとも日本人特有のものなのか。

これは次の研究課題といたします。

 

学生の頃に教わった和歌やら詩やら俳句やら何だったのかは詳しくは覚えていませんが、秋関係については、もの哀しさっぽい雰囲気を詠んだものが多かった気がします。

 

Advertisement

 

とりあえずは平安時代を生きた諸先輩方も、今を生きる私たちと近しい感情をもって生きていたという事は確かでしょう。

 

すっかり秋の様子の軽井沢
すっかり秋の様子の軽井沢

 

軽井沢では、赤とんぼが飛び回り、秋の爽やかな風が吹いています。

夏の終わりを飛び越えてすっかり秋が充満しています。

 

 

9月になったので、苗の手入れをしながら定植の準備を進めていきます。

なにしろ今年は高設栽培にチャレンジしますのでドキドキです。

 

高設栽培イメージ
高設栽培イメージ

↑こちらは当園ではありませんが、高設栽培というのは、このように高い位置でいちごを栽培する方法で、作業姿勢が楽なうえ、いちご狩りにも適していることから、この栽培方法に変える農家さんが増えています。

 

建設中のハウスを覗くと、色々なカラクリが設置されていました。

 

見慣れないパーツが・・・
見慣れないパーツが・・・
あちこちに・・・
あちこちに・・・

 

おそらくカーテンや換気口を操作するものだと思うのですが、今までのハウスに比べるとそれそれの仕掛けがゴージャスな感じです。

  

 

少し前まではこんなだった
少し前まではこんなだった土地
いつの間にかここまで出来ていた!
いつの間にかここまで出来ていた!

 

何もなかった土地にハウスが立ちました。

来週あたりから観光農園の施設の建設が始まるようです。

 

 

大きな栗の木
大きな栗の木

 

観光施設を建設するにあたり、栗の木を伐採または剪定する必要があると言われています。

私が子供の頃からずっとお世話になっていた栗の木ですので、なんとか伐採にならないよう交渉しようと思っています。

 

 

浄化槽
浄化槽

 

観光施設用の浄化槽も搬入されました。

 

栗の木の取扱いについては少々心配ですが、全体的に楽しみです。

夏の終わりの寂しさを感じながらも、実りの秋の始まりに期待を寄せているしだいです。

 

若人よ、苗の定植とは、軽井沢で育てた苗を栽培用のハウスに植える事です(← 一応説明から)

 

 

Advertisement

 

いちご(やよいひめ)のご購入・お取り寄せ・いちご狩りについて

CTA-IMAGE 株式会社中野アグリラボラトリーの運営する群馬県藤岡市のいちご園 中野ストロベリーファームでは、いちご(やよいひめ)の店頭での販売のほか、ネット販売でのお取り寄せも承ります。ご購入は中野ストロベリーファーム公式サイトよりお願いいたします。(※現在シーズンは終了しております。次シーズンは12月スタートの予定です)

いちご狩りハウス・カフェ建設工事カテゴリの最新記事