ランナーカットを黙々と頑張る件と(脳内)ドラマの件について

ランナーカットを黙々と頑張る件と(脳内)ドラマの件について
ようやく天気も回復
ようやく軽井沢の天気も回復

 

ランナーカット作業に苦戦しております。

思ったように作業が進みません。

 

Advertisement

 

 

ランナーカット頑張るぞ!
まだまだランナーカット頑張らねば・・・

 

こういう時は無心になり黙々と作業を進めるのが一番です。

自分はランナーカットマシンであると自分自身に言い聞かせます。

 

少しすっきり
ランナーカットマシン発動で、少しすっきり

 

一種の自己催眠とでもいうのでしょうか。

完璧な催眠状態になると、まさに無我の境地となり、手足のみがオートマチックに動き出し、その状態をしばらく続けていると悟りを開きそうになります。

 

つい悟りなどを開いてしまい、人類を救う業務を担うようになると困るので、今日はラジオを聴きながら作業をしました。

懐かしい歌を流す番組を聴いていると、若い頃によく聴いた竹内まりやさんの「恋の嵐」が流れてきました。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

昔のスナックってこんな感じだったかな~
※イメージ。昔のスナックってこんな感じだったかな~(たばこは嗜みませんが・・・)

 

Dance Dance Dance never stop ~

 

当時、若者に人気だったそのお店は、大まかに分類するとスナックだったのだと思う。

5、6人が座るといっぱいになってしまうカウンター席と、4人掛けのテーブル席が3つしかない小さな店だったが、週末にはお店に入りきれないほどの若者が集まっていた。

確か「犬小屋」という店名だった。

世の中はバブル景気に浮かれ、僕の住む田舎町にもその熱気が押し寄せていた。

 

僕は地元の工場に勤めていた。

その日僕は、仕事帰りに同僚と行きつけのラーメン屋へ行った。

ラーメンを食べた後、2軒隣の犬小屋をみると、珍しく空いるようだったので少し飲んでから帰る事にした。

 

運良く僕の好きなカウンターの角席が空いていた。

店内は僕たち二人のほかテーブル席に男性三人連れの客一組と、カウンターの角を挟んで女性二人連れが1組だけだった。

店のママさんは女性客二人と話し込んでいた。

 

何の話をしていたのか全く覚えていないが、同僚と話し込んでいると「それ私も好き」とカウンターの女性客の一人が僕に話しかけてきた。

突然話しかけられた僕は「はい!」と見当違いな返事をしてしまった。

 

それが彼女との出会いだった。

 

彼女は当時の僕より3歳年上の25歳で総合病院のナースをしていた。

名前は静恵さんといった。

連れの女性は職場の先輩で良子さん。年齢はわからなかった。

 

意気投合した僕たちは4人で飲んだ。

静恵さんは八重歯がチャーミングな明るい性格の女性だった。

黄色いノースリーブのワンピースがとても似合う、華やかな雰囲気をまとった女性だった。

 

しばらく飲んだ後、僕は静恵さんと連絡先を交換した。

 

黒電話。懐かしい!
黒電話。懐かしい!

 

そのあと数回食事に行き、僕たちはお付き合いする事になった。

 

Dance Dance Dance never stop ~

ふと触れた指先に~

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

つづく

予告

 

というドラマが脳内にて展開されました。

 

次回(脳内)放送の第2話「鳩とバナナ」がとても楽しみです。

 

若人よ!黙々と仕事していると脳内ドラマが始まるよ~(← 疲れているのかも、、)

 

↑名曲!

 

Advertisement

 

いちご(やよいひめ)のご購入・お取り寄せ・いちご狩りについて

CTA-IMAGE 株式会社中野アグリラボラトリーの運営する群馬県藤岡市のいちご園 中野ストロベリーファームでは、いちご(やよいひめ)の店頭での販売のほか、ネット販売でのお取り寄せも承ります。ご購入は中野ストロベリーファーム公式サイトよりお願いいたします。(※現在シーズンは終了しております。次シーズンは12月スタートの予定です)

軽井沢で育ついちごの苗カテゴリの最新記事