新年度は軽井沢からスタート ~良いいちごの苗の見分け方~

新年度は軽井沢からスタート ~良いいちごの苗の見分け方~
軽井沢の畑
軽井沢の畑

軽井沢は快適です。

清々しいです。

 

Advertisement

 

ここ軽井沢の標高1,000メートルの気圧は、人間が最もリラックスできる状態であるとか、心拍数が適度に上昇し、細胞が活性化されるので非常に健康良いんだぞと、以前、居酒屋のカウンターで隣り合わせになった、泥酔おじさんから、泥酔した私が聞いた話もまんざら嘘ではないような気がしてきました。

軽井沢ブランド野菜の霧下野菜は味が濃くて美味しいとの評判ですので、動物および植物(いちごの苗も)全般において成長に適した環境なのかもしれません。

 

 

軽井沢で育ついちごの苗
軽井沢で育ついちごの苗

さて、新年度初日の仕事は苗の手入れです。

ランナーをペーパーピンで固定し、苗を増殖させるための作業がほぼ終了しましたので、これからは、苗の根本にある葉や茎が出てくる部分のクラウン(王冠のような形状だから)を大きく太く育てるための作業をします。

このクラウンが大きいと、よりたくさんの葉が付き、光合成が活発になりますので、花が良く咲き、実がたくさん付く優秀な苗になります。

もし、ホームセンターなどで、いちごの苗を買うことがあったら、葉の根本が太い苗を選んで買うといいですよ~(専門家からのワンポイントアドバイス)

 

いちごの苗において、とても重要な器官であるクラウンにたっぷりの栄養が行くように、余分な葉とランナーを取り除きます。

「葉かき」という作業ですが、この作業をする際に注意しなければならないのが、葉を取り除きすぎないという事です。

必要以上に葉をとりのぞいてしまうと苗が弱ってしまいます。

 

 

伸びたランナー
伸びたランナー

程よく、絶妙なバランスで葉を取り除く作業を進めなければなりません。このバランスが難しい。

この技術を習得したい方はお気軽にお声掛けください。

当家秘伝の術でありますが、すぐに伝授いたします。

 

 

お隣のキャベツ畑
お隣のキャベツ畑

 

秘伝の術を駆使して作業を進めておりますと、お隣で霧下ブランドキャベツを生産している方からお声掛けいただき、なんと立派なキャベツをいただいてしまいました。

このキャベツは甘くて美味しいのです(^^)うれしい。

 

 

甘くて美味しい霧下ブランドのキャベツ
甘くて美味しい霧下ブランドのキャベツ

 

当方、いちごの苗しかありませんのでお返しができませんでした。後日、美味しいいちごを食べていただこうと思います。

幸先の良い年度のスタートとなりました。

 

【募集】当家秘伝「葉かきの術」を習得したい方連絡をお待ちしております。(←採用)

※葉かきの術は、中野家公認資格となります。

 

 

Advertisement

 

いちご(やよいひめ)のご購入・お取り寄せ・いちご狩りについて

CTA-IMAGE 株式会社中野アグリラボラトリーの運営する群馬県藤岡市のいちご園 中野ストロベリーファームでは、いちご(やよいひめ)の店頭での販売のほか、ネット販売でのお取り寄せも承ります。ご購入は中野ストロベリーファーム公式サイトよりお願いいたします。(※現在シーズンは終了しております。次シーズンは12月スタートの予定です)

軽井沢で育ついちごの苗カテゴリの最新記事